会社紹介

代表挨拶

感動シーンを創りだすユニフォーム製作企業

弊社は昭和22年に私の祖父 伊藤孝によって名古屋市西区に恵比寿屋商店として産声をあげました。当初は体操マットやスキーウェアを製造するなど、現在とは異なる事業を営んでおりました。

その後日本中で湧きあがった野球人気の時流に乗り野球ユニフォーム製造メーカーに生まれかわり 工場を拡張する為に現在のあま市七宝町へと移転致しました。

伊藤孝の「お客様にとって一番お役に立つメーカーを目指す」という想いを元に他社に先駆けてマーキングまでを一貫で行う野球ユニフォームメーカーとして、現在まで東海地区を中心としたスポーツ店さんにご愛顧頂いております。

おそらくユニフォームメーカーがマーキングまでを一貫で行ったのは弊社が一番早かったと思われます。

「お客様にとって1番お役に立つ」という想いは、父 伊藤孝文が経営を継承した後も脈絡と引き継がれ お客様がどんどん増えて行き、ユニフォームを縫製するミシンやマーキングの機械が進歩し、取り扱うユニフォーム量も増え、昭和56年に株式会社エイビスに生まれ変わったその後も変わらずに弊社の魂として、生き続けております。

そして、3代目を継承しました私も、素晴らしいお客様との出会いと素晴らしいパートナー企業様のご協力を頂く事で、「お客様へのお役立ち度NO1」を目標に日々事業に取り組んでおります。

近年野球人口の減少や、部活動の縮小傾向など、野球やスポーツを取り巻く環境は厳しくなっていますが スポーツが生み出す「感動」「喜び」「悔しさ」「青春」はいくつになっても褪せるものではなく 我々をいつまでも奮い立たせてくれます。

そんなスポーツに携わる事業を継承させて頂いていることに、心から感謝しております。

我々は、常に「お客様に一番お役に立てる事はなにか?」を考えながら、プレーヤーはもちろんの事、応援するみなさんの一体感を生み出すウェアや思い出の1ページを記念に残す記念ユニフォームや記念品など、世界中の「感動」が生まれる場面を創造し、商品やサービスを創り続けていきます。

株式会社 エイビス
代表取締役社長 伊藤 文典

会社案内

会社名株式会社 エイビス
所在地本社工場・商品センター
〒497-8512 愛知県あま市七宝町川部六反田2番地
TEL052-441-1234
FAX052-443-2161
代表者伊藤 文典
役員取締役会長 伊藤 孝文
代表取締役社長 伊藤 文典
設立年月日昭和56年9月11日
従業員32名
資本金25,400,000円
事業内容ベースボールユニフォーム製造
取引銀行 愛知信用金庫  七宝支店
三菱東京UFJ銀行  中村支店
百五銀行  戸田支店
名古屋銀行  千音寺支店
中京銀行  大治支店
取扱品目ベースボールユニフォーム、グランドコート他
野球ウェアの製造販売

沿革

昭和23年11月現会長の父、故伊藤 孝によって、名古屋市西区那古野で恵比寿屋の屋号で個人創業
昭和46年3月愛知県海部郡七宝町川部登前に工場を設置
昭和51年6月愛知県海部郡七宝町川部六反田2番地に新たに商品センター及び工場を建設
昭和56年9月法人化 株式会社エイビスを設立
昭和59年2月マーク生地用レーザーカッター「LA-1」を導入
昭和61年11月伊藤 孝 会長に就任
昭和62年10月海部郡大治町のマークス事業部を開設
平成4年11月同地に株式会社マークスを設立
平成5年1月商品センターに裁断室、商品倉庫を新たに増築
平成5年1月レクトラシステムのCAD/CAM導入
平成7年1月長男 孝寿入社
平成11年9月レクトラシステムのCAD/CAMの新機種を導入
平成13年1月次男 文典入社
平成22年9月第1回 エイビス旗あま市近郊少年野球大会開催
平成23年9月第2回 エイビス旗あま市近郊少年野球大会開催
平成24年7月第3回 エイビス旗あま市近郊少年野球大会開催
平成25年7月第4回 エイビス旗あま市近郊少年野球大会開催

アクセス案内

名古屋西ICより車で約11分

拡大地図を表示